事業管理室

1. 業務内容について

事業管理室は、社内で唯一「○○部」と呼ばれない組織です。それは、販売部門にクライアント様がいらっしゃるように、事業管理室は社内の全部門を「クライアント」とする横断的組織だからです。そして、その存在意義は、販売部門と開発部門、経営層の間に立って、各部門の活動を横断的に支援・並走することで、業績を上げ、損失を防ぎ、利益をつくりだすことです。

全部門・全従業員がそれぞれ専門の機能・専門能力を持っていて、そして、それぞれが成し遂げたい事があります。

私たちは、それらが実現されるよう、ときにはアクセル、ときにはブレーキを踏んで、その統制をとる役割を担っています。

2.体制について

企業会計を担う「財務・経理」、販売管理を担う「営業管理事務」、社内ITを担う「情報システム」、備品管理から株主総会まで幅広い業務を担う「総務」、あらゆる取引先との契約実務や弁護士との連携を担う「法務」、入社から退社まで労働法規の番人を担う「労務」、新規採用教育や人事評価制度の運用を担う「人事」など、販売と開発以外の管理的業務が事業管理室に集結しています。

3.求める人物像

繰り返しになりますが、事業管理室は社内の全部門・全従業員・全役員を「クライアント」とする横断的組織です。「クライアント」が何を求めているのか、その意図や狙いを汲み、それに応え、かつ付加価値をつけられることがとても重要です。また、仕事を待っているだけでは利益はつくりだせません。 自身の業務範囲に留まらず他者と協力して問題解決ができ、
受け身にならず主体的に自ら仕事を見つけ出し、誰よりも先んじて取り組める、ホスピタリティとバイタリティのある人が活躍できる環境です。

4.部署から応募者の皆様へメッセージ

管理部門はしばしば「コストセンター」といわれます。たしかに私たちがクライアント様から直接受注して売上を獲得することはありません。しかし、クライアント様から受注をいただくときに契約書が無かったら、どうやって受注したことを証明するのでしょう。納品したのに、お支払いいただいた代金が記録されず、収支も計算されず、会社の財布の中身が分からなかったら、従業員に給料を支払ってよいのかどうかさえ分かりません。そんな会社に、設備投資に必要な資金は誰も貸してくれないでしょう。株主は還元されるか否か分からないものに出資などするはずもありません。事業管理室の一翼を担う方には、昨日よりも今日、昨年よりも今年、「この利益、この仕組みは、自分がいなかったらできなかった!」といえる「プロフィットセンター」として社内外から頼られるプロフェッショナルで在ってほしいと考えています。

エントリーはこちら

皆様からのご応募お待ちしております

pagetop