社員インタビュー

社員写真001 長嶺 真理社員写真001 長嶺 真理

業界未経験であっても、あなたが磨いてきた技術に、当社の動画配信専門技術の開発経験が加わることで、より市場価値の高いエンジニアを目指すことができます

事業管理室 人事担当
長嶺 真理子
Mariko Nagamine

最先端の動画技術、ものづくりに関わる喜びを実感できる環境

動画配信の黎明期とも言える2009年より、動画配信プラットフォームの開発・提供を行ってきた当社は、業界のリーディングカンパニーとして動画配信及び動画広告市場の成長をけん引してまいりました。インターネットで動画を見ることは今や当たり前になり、自宅や外出先で、いつでもどこでも視聴できる環境が整っています。それに伴い、良質なコンテンツを生み出すクライアント企業が、続々と動画配信や動画広告に参入しています。そのようなプレミアムコンテンツホルダーに対して、より精彩な動画コンテンツや動画広告を安定して届ける技術を提供し、彼らのビジネス拡大に貢献することが我々の使命です。社内のチームメンバーそしてクライアント企業と協力して、最先端のものづくりに関わる喜びを日々実感できる環境が当社にはあります。

さまざまな技術バックグラウンドを持つエンジニアが活躍しています

当社の主力事業である動画配信及び動画広告の市場は、右肩上がりで伸びています。それに伴い、エンジニアの需要も増加していますが、世の中には動画技術に精通したエンジニアはまだまだ少ないのが実情です。そのため、当社に中途入社されたエンジニアも9割が業界未経験者です。そのバックグラウンドも様々で、前職は携帯キャリアの研究機関に属していた方、ECサイトの構築や業務系アプリケーション開発に携わっていた方など、異なる業界で経験を積み、各々の技術を磨いてきたエンジニアが集結しています。

より良いプロダクト・サービスを提供するために「チーム開発」を採用

入社後は、自社プロダクトの新規開発やクライアント企業のオンデマンドサービス構築などを行っていただきます。エンジニアの仕事は、一人で黙々と開発に没頭するイメージがありますが、当社では「チーム開発」を主体としていますので、開発から検証までを複数名で行っていただきます。より良いプロダクトやサービスを目指してメンバー同士が協力し合い、時に切磋琢磨しながら開発にあたるのが当社の特長といえます。それから、応募者の皆様から勤務地に関するご質問をいただきますが、基本的に本社(東京都)勤務となります。当社ではクライアントへの訪問はありますが、クライアント先での常駐勤務はございません。

社員写真002

一言でいえば、「粘り強さ」のあるエンジニアを歓迎しています

現状に甘んじることなく目の前の課題に対して真摯に向き合い、解決方法を見つけようとする姿勢を当社では高く評価しています。動画配信や動画広告の領域は、お客様自身が漠然とした課題を抱えていることも多く、課題解決に向けて〝粘り強く“サービス開発にあたることができるエンジニアが求められています。現在、当社で活躍するエンジニアに共通するのは、そのような粘り強さやストイックさであると考えています。そして、自分の技術を広く世の中に役立てたいという想いを持った方には、やりがいを強く感じられると思います。

ワークライフバランスを重視しながら
長く働いていただくために用意された休暇制度

当社では、年間公休日(125日)に加え、社員自身はもちろんご家族の緊急の事態に備え、あるいは心身のリフレッシュのための様々な休暇制度を設けております。具体的には、「年次有給休暇」の他に、特別休暇制度として「新入社員休暇」、「疾病休暇」、「お子様の看護休暇」等がございます。また、勤続5年目と10年目に5日間の連続休暇を取得できる「リフレッシュ休暇」も導入。社員がワークライフバランスを重視しながら、長く働ける就業環境の実現に取り組んでいます。

最後に、応募者の皆様へ

業界未経験でも、動画配信技術やお客様のコンテンツをマネタイズするビジネスに興味をお持ちであれば、ぜひ当社の門を叩いてみてほしいと思います。当社ではあなたがお持ちの技術に、動画配信という専門技術が加わり、より市場価値の高いエンジニアを目指していただくことが可能です。皆様からのご応募をお待ちしております。

社員写真003

社員写真005

長嶺 真理子Mariko Nagamine

事業管理室 人事担当

総合通信代理店商社勤務を経て、2013年に中途入社。事業管理室人事労務・社内総務のアシスタント業務を経て、2014年4月より人事担当。

日頃、仕事上で、大事にしている
想いやことば(座右の銘など)
「何とかなる。」
…やれることをちゃんとやりきった状態で、自分に言い聞かせる台詞です(笑)
好きな動画ジャンル
映画、ドラマ
お気に入りのスマホアプリ
スマートニュース、NAVERまとめなどのキュレーションメディア
休日の過ごし方
友人と食事をしたり、実家に帰って家族と過ごしたり…気の置けない人たちと会って、リラックスする時間を意識的に設けています。

エントリーはこちら

皆様からのご応募お待ちしております

pagetop