社員インタビュー

社員写真004 菅原 祐一社員写真004 菅原 祐一

お客様の要望だけでなく、技術だけでなく、そのバランスをうまくコントロールする―
最も考えることであり、一番のやりがいです

映像配信ソリューション事業
システム開発部 部長
菅原 祐一
Yuichi Sugahara

入社経緯

当社に入社前は、一貫してBtoBのシステム開発を行う会社にいました。新卒で入社したのはSIerで、プログラマーとして業務系システム開発を経験し、その後は地方自治体のポータルサイト構築から運用までを任せられ、プロジェクトマネージャーを担いました。その後2社目の会社でも、BtoBの金融系システム開発に従事していましたが、心のどこかで、もっと多くの消費者の目に触れられるBtoCのシステム開発やプロジェクトマネジメントへの興味・関心が募りはじめ、転職活動を開始しました。転職活動中の早い段階で、元同僚で当社に先に入社していたPMグループリーダーだった方に声をかけてもらい、「事業の伸びしろ」と「自分のやりたいこと」が実現できそうだと考え、当社に入社を決意しました。入社後すぐに、大手CS事業者のインターネット動画配信プロジェクトのPMとして、Windows PCローンチに合わせた日本初の新サービスの構築を担当し、CEATEC JAPANという技術展示会での発表まで担当しました。入社間もなく日本初のサービスを任され、プレッシャーを感じることもありましたが、それよりも「大きな仕事に携われる」というやりがいを感じました。その後も大型案件のプロジェクトマネージャーを担当しながら、システム開発部全体の統括・管理を行っています。

社員写真002

部署の役割を教えてください

システム開発部は、2つの役割があります。一つ目は自社プロダクトである動画配信プラットフォーム「ULIZA Online Video Platform」を用いて、大手放送局をはじめとした各クライアント独自の動画配信サービスの開発から保守・運用を担っています。そしてもう一つが、動画配信プラットフォームのコアプロダクトとなる総合管理ソリューション「ULIZA VMS」の開発から保守・運用です。どちらにも共通することですが、我々はクライアントに直接対峙し、サービスやシステムを開発するスタイルをとります。お客様に真摯に向き合い、お客様が実現したいことを引き出しながら、時には考えつかない範囲までご提案することが求められます。また開発・納品後も、保守・運用の部分で長いお付き合いが始まります。お客様のサービスを末永く安定稼働させていくことも我々の重要な仕事です。単にサービスを作るだけではなく、サービスのクオリティを今より更に良くしていくにはどうするべきか、またはお客様の課題やニーズを捉えてどう自社プロダクトに反映させていくか、そこに動画配信サービスの最新動向も踏まえ、ご提案できる…つまり、より顧客視点で動けるエンジニアが重宝されています。

(詳しくは映像ソリューション事業 システム開発部 SIグループ映像ソリューション事業 システム開発部 プラットフォーム開発グループ 紹介ページをご覧ください)

部署の魅力を教えてください

システム開発部のプロジェクトは5~7名程度で構成したチーム開発が主体です。
チームメンバーと一緒にサービスを作り上げることで、自身の経験や技術に固執しすぎず、他者の知見や技術を取り入れることができますし、スピード感を持って開発できる点も魅力だと思います。
また、お客様の要望と技術のバランスを、どううまくとるかを考えている時間が一番面白いですね。お客様の要望を聞きすぎてシステムを作れば開発メンバーに負担がかかってしまって良くない。逆に今までの開発の仕方やサービス提供に固執し、システム上これはできないとお客様にノーばかり出して、面白くないシステムを作るのはもっと良くない。そこをどうバランスをとるかが重要で最もやりがいを感じる瞬間です。

当部署に求められる経験や技術力を教えてください

我々は動画配信のプロフェッショナル集団として、お客様が求めていることに対して独自の映像配信技術やノウハウを提供しなければなりません。お客様は動画コンテンツを用いて、どのようにマネタイズしたらいいのか分からない場合も多いので、お客様の事業や置かれている状況を把握し、それらをズバッと解決してあげる「課題解決の力」が個々のエンジニアに求められています。また、前提となる「技術力」も大事ですが、特定の技術にばかり固執してはいけないと思っています。よりオープンな技術やクラウドリソースを使うことも必要です。なぜならば、今までの開発手法やサービス提供の仕方に捕らわれない柔軟性は新しいサービスや機能を開発していくうえで重要な要素になってくるからです。このように、変化に適応できる技術力を持ったエンジニアが高く評価をされていますし、我々としても一緒に働く仲間として受け入れていきたい人物像です。

社員写真003

応募者の皆様へメッセージ

動画配信市場は急速に拡大しています。当社も、日本国内にとどまらず東南アジアを皮切りに海外展開を進めています。「日本発の技術力を用いて、国内外の動画配信市場を盛り上げたい!」と考えているエンジニアの皆様には、ぜひ当社の門を叩いてほしいと思います。加えて、国内市場も盛り上げる余地はまだまだありますので、動画配信サービスや技術に少しでも興味をお持ちでしたら、ぜひご応募をお待ちしております。

社員写真

菅原 祐一Yuichi Sugahara

システム開発部 部長

SIerにてプログラマーやプロジェクトマネージャーの経験後、2008年に中途入社。
大手CS事業者、その他テレビキー局の動画配信サービス開発プロジェクトにプロジェクトマネージャーとして従事。入社4年目にグループマネージャーに抜擢後、メンバーマネジメントおよび各SIプロジェクトの管理を担当。2014年よりシステム開発部長に就任、現在に至る。

日頃、仕事上で、大事にしている
想いやことば(座右の銘など)
人に「感謝されること」が仕事のモチベーションです。お客様の課題を解決するのがシステム開発部の存在意義そのものですが、プロジェクトの過程で、ときにはチームメンバーとぶつかり、ときにはチームメンバーを励まし、チームメンバーを同じ方向に向かわせてそのプロジェクトを成功に導くことでお客様に感謝されることにやりがいを感じますし、それがあるから責任感を持って仕事に取り組めるのだと思っています。
好きな動画ジャンル
ニュース、経済、ゾンビ映画
お気に入りのスマホアプリ
Evernote、マンガアプリ
休日の過ごし方
ランニング。目標を決めて進んでいく感覚が好きですね。レベル上げを積み重ね、6年前くらい続けています。先日ハーフマラソン大会に出場し、次はフルマラソンの出場を狙っています。

エントリーはこちら

皆様からのご応募お待ちしております

pagetop